やったぁー、10年ぶりのACL決勝進出!!

tb171018.jpg

まさか上海相手にウノゼロとは予想もしてませんでした。

結果的には超手堅いサッカー。このやり方でやるには今日のスタメンがベストなんだろうな。

とにかく今日はみんな頑張った。よくやったよ。僕も風邪ひいて体調崩してるところ、あと2日なんとかがんばれそうだよ。

2017J1 29節神戸戦

全てはACLの為に。

選手もサポもそんな感じでしたね。もちろん選手もサポも勝利を目指してはいましたが。

待望の復帰となったウガは残念ながらひどい出来。昨年のCLでも同じようなやられ方。あの出来では槙野を追いやるのも難しいし、前半で交代も止むなしでしょう。

マウリシオのスパイク

  • 投稿日:
  • by

相変わらずの失点の多さですが、それでも加入後からクレバーな守備で奮闘しているマウリシオ。鳥栖戦ではJ初ゴールも決めて、攻守両面での活躍が期待されます。

そんなマウシリオは何のスパイクを履いているのか気になっていたので調べてみました。

tb171004_01.JPG

tb171004_02.JPG

拡大してみると、これですね。

MIZUNOのモレリアNEO2。「軽量、柔軟、素足感覚」がコンセプトのスパイク。

最近ではこのオレンジを履いてますが、MIXソールの海外限定カラー(インディゴ)も履いてたはず。選手によっては履いてるスパイクの色でソールの種類がわかる場合もあるので、見てて楽しいですね。

2017J1 28節 仙台戦

勝つには勝ったけど失点が止まらない。

やっぱりACL後の感想と同じで4-1-4-1は選手のチョイス次第で機能するかどうかが左右される印象。武藤はアシストはしたけれど、サイドの方が良いように思えるし、長澤も柏木の代わりにはならない。

選手のコメント見てると途中から守備時には3-6-1で対応していたようなんだけど、その割には阿部ちゃんの位置がCB寄りだったような。

ひとまず代表ウイークで一息つけるので、ここでコンディション調整と守備時の見直しを行って欲しい。残念なのは一番その作業が必要な槙野が代表で不在なこと。代表レベルのポジショニングじゃないと思うんだけどなぁ...。

2017ACL SF1 上海上港戦

アウェイで1点取ってのドローは悪くなかったかな。強いて言えば同じドローでもアウェイゴールをもう1点位稼いでおきたかったところ。ホームでもあっさり失点、アドバンテージなしって展開は充分ありえるだけに。

結局システムは4-1-4-1でしたが、今回はある程度機能してたのかなと。ただ柏木と長澤のセンター、武藤のサイド起用でなら機能するって感じで、ミシャ時代以上に特定選手に左右される印象。バイタルにつけられる機会が減ってるだけに、ここぞの時は柏木のアイデアだったり興梠とのコンビネーションがないと得点出来る気がしない。

長澤もACLではボールを失わずに前に運べるという特徴が活かせてた。なるほど、柏木と組ませると良い感じ。

相変わらず怪しい場面もありつつ、西川も多少は決定機をセーブ出来るようになってきたのはプラス要因。

槙野はフッキ相手に奮闘してはいたけれど、相変わらずといえば相変わらず。審判が厳しいチャージをあまり取らない傾向だったから良かったものの、ファール気味のチャージと手を使ってなんとかといったところ。それでも貴重なタイマン要員であるのも現状では認めざるを得ないだけに、せめて無駄な上がりを控えて相手とのタイマン勝負に専念してくれればいいんですけどね。

次のホームでの上海戦ではいかに今日のメンバーがコンディション上げて望めるかかな。

2017 J1 27節 鳥栖戦

あんなクソみたいな失点を2回もやらかしておいて、よく負けなかったなと。

2失点目は「また西川か...」と思ったけど、あとでDAZN見返したら矢島のやらかしの方が酷かった。なにやってるんだか。

マウリシオは来日初ゴールおめでとう! ウォーミングアップの時もサイドからのクロスに合わせる練習をだいぶしてたし、割とミドルも打っていくし、実はゴール狙いたいタイプなのかも。取れるならバンバン取っていって下さいな。

それにしても4-1-4-1が機能してない。はじめのうちは「いいかも」と思ったけれど、あまりにも4バックをやるのに人材がミスマッチ過ぎる。しかも両サイドバックが特攻仕掛けるとか、なんのための4バックなのやら。それでいて、サイドはサイドハーフ、サイドバック、シャドーで崩しに行くから、結果的に中の枚数が足りなくなるわ、クロスも入れられないで崩せないわ、でまるでフィンケの頃のサッカーを見ているような感じ。

この試合も追いついたのは3-6-1にしてから。3-6-1に変えてから、攻撃時に選手の動きに迷いがなくなってプレー判断が早くなった結果、効果的な崩しが出来るように見えた。4-1-4-1の時はボール持ってから出しどころを考えてるから、唯一即興のアイデアがある柏木がいないと、攻撃が行き詰まってるんですよね。

実際堀監督への交代後の成績を見てみると、見事に4-1-4-1に変えてからは勝ってない。唯一大逆転したACL川崎戦にしても、相手の退場と、途中から3-6-1へのシステム変更したのが効いての逆転劇。昨日の鳥栖戦にしても3-6-1に変えてからやっとこさ。

8/ 5 ▲ 大宮
8/ 9 ◯ 甲府
8/15 ◯ シャペコエンセ
8/19 ◯ FC東京
8/23 ● 川崎(ACL A)
8/27 ◯ 清水
8/30 ▲ C大阪(ルヴァン A)
9/ 3 ▲ C大阪(ルヴァン H)

↓4-1-4-1に変更
9/ 9 ● 柏
9/13 ◯ 川崎(ACL H)←途中から3-6-1
9/17 ▲ 磐田
9/20 ● 鹿島(天皇杯)
9/23 ▲ 鳥栖 ←途中から3-6-1

正直3-6-1のミシャ式変態システムも嫌いではあるのだけれど、かといって、今のメンツでシーズン途中からのシステム変更はやっぱり厳しいなと。3-6-1で守備面を考慮して制限をかけながら、攻撃に関しては今までの遺産を使ってチャンスを作る、という方が良い気がする。このまま4-1-4-1で上海戦に望んだらえらいことになりそうで怖いのです。

天皇杯4回戦 鹿島戦

あーあ、天皇杯も終戦。先発見た時は勝つ気あるのか?と思ったけど、規定と怪我人続出で精一杯のやり繰りでしたね。

それにしても守備陣どうにかならないのか。マウリシオ不在が痛かった。槙野は論外。宇賀神戻ってくるまで田村か橋岡使って遠藤か森脇を左で使えばいいのに。

榎本も期待した割には4失点の出来。DFがあれだからというエクスキューズがあるとはいえ、だったら西川と変わりないじゃないかと。

長澤はボールロストは少ないんだけど、チャンスも作れてるかというとどうなんだろ。もう少し決定機作れないもんかね。その点矢島は決定機決められないで叩かれてるけど、見方によっては決定機に顔出せてるので、あとは決めてくれれば、と期待したい。

武藤はこのシステムだとサイドの方がいいのかな。真ん中は怪我人いるとはいえ、結構人がいるし。

駒井も不調だね。もう少し早いタイミングで中に上げればいいのに、その選択肢がないから相手に読まれてるし。駒井は武藤と逆にこのシステムなら中で使った方がいいような。

次の鳥栖戦はアンカーで覚醒しつつある青木が出場停止。4-1-4-1なら遠藤がアンカーかな。無理して4-1-4-1じゃなくてもいいのにね。

いよいよ残り獲れるタイトルがACLだけになっただけに、リーグはACLのための調整になってくるのかな。それならそれで槙野外しを是非とも試して欲しいんだけどな。

2017ACL QF2 川崎戦

勝った、勝った!

tb170913.JPG

済州戦に続いて逆転での突破!! 済州の時は乱闘(暴行)騒ぎでケチがつき、そこから失速、監督交代まで失速したけれど、今回の勝利でまた勢いを取り戻して欲しい。

今日は浦和の選手みんないつも以上に気合い入っててよかった。あとは車屋の退場と中村憲剛を下げた采配が潮目だったかな。逆に堀の采配はことごとく当たってたし。

失点シーンの槙野と西川は猛省して欲しいけど、今日はあまりにも劇的な勝利だったのでこれ以上はやめときます。

まだまだ興奮さめないので寝れるかな。

ロシアW杯 アジア最終予選 サウジ戦

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オーストラリアに勝っておいてよかったね。全然勝てる気がしなかったけど、大迫と長谷部がいないとこんなもんなのかなぁ。ハイプレス&ショートカウンターしか嵌る戦術ないんですかねぇ。

オーストラリア戦でゴメンなさいした浅野だけど、やっぱりダメだわ。判断遅い&悪すぎ。ウイングは久保、原口、乾で回せばいいんじゃないかと。