つぶやき

2005年2月

25日(金) わりとひま

サイトのリニューアル作業を地味に進行中です。ただ、予定よりも遅れているので、3月初めにはリニューアルは無理そう。

週末以外はかなり暇してますが、思ったよりもパソコンに向かう時間が少ないです。ビデオ見たり、本読んだり。

就活中の彼女には羨ましがられてますが、僕としてはこう暇すぎるのも嫌なんですよねぇ。

来週は親しらずを抜くので、暇とかどうとか言ってる余裕もないかもしれないですけどね。

24日(木) どうなるんでしょうね

別にライブドアが好きなわけでも、応援してるわけでもないけれど、あまりにもフジテレビのやり方が気に入らないので、勝手にフジテレビのボイコットでもしようかと思ってみました。

でもそうすると今日の『やさしい時間』がみられない……。

あえなく断念です。

21日(月) なかなかのドキドキ感

ボーン・スプレマシー』を観てきました。

この手の続編としては珍しく面白い映画だったと思いますよ。この作品も、ぜひ前作を観てからの鑑賞をお奨めします。

20日() なぜ??

左足の小指がしもやけになりました。

昨日も今日もほとんど外出していないにもかかわらず、です。

18日(金) ちゃ〜ちゃ〜、ちゃんちゃんちゃんちゃ〜ん♪

最近ドイツのARD局が放送しているニュース番組『tagesschau』をインターネットで見ています。さっきもドイツ時間で4:40に放送されたものを見ていたのですが、何やらおかしなことに気づきました。

皆さんは気づきましたか? (・_・ )/

……何?気づきませんと。では、わからなかった人のために、もう少し拡大して見てみましょう。

Σ(゜Д゜)!! 「Berlin」の文字が何かに邪魔されてちゃんと見えないと思ったら、そこに立ち塞がっているのは、どうやら画面を掃除するクリーナーのようです。それにしても「オレもテレビ出演させろ」と言わんばかりのナイス位置取りです。

VTRがあけると、このように、そこにはもとから何もいなかったかのように、見事にクリーナーは姿を消していました。かわいそうに……、うっかりもののADさんが上司に叱られている絵が目に浮かびます。そのADさんもこんなところでネタにされているとは思ってもいないことでしょう。

以上、特派員のとしからの報告でした。

ちゃんちゃんちゃん、ちゃ〜ん♪

16日(水) banaboxレポート

banaboxの共同購入者であるTさんから、12月の下旬にはすでにレポートが送られていたのですが、なかなか更新出来ずにいました(忘れてた?)。 ちょっと今さらな時期になってしまいましたが(Tさんごめんなさい)、貴重なレポートなので本日掲載したいと思います。

以下、Tさんより送られてきたbanaboxレポートです。

まず、普段使っていて気付いたこと、机の上に置いていても違和感がない (これは、ドイツに限ったことかもしれませんが)。 入手後は毎日のように、職場の机の上に「意識的」においたりしていましたが、 置いていてもなかなか「異変」に気付く人がいませんでした。 それくらいバナナは日常のありふれた景色のようです。

漸く気付いた人の反応といえば、「ドイツ人らしい」「ありそうでなかった ものですね」「どこで手に入れられます?」「私も欲しい!」など概ね  好評でした。爆笑ネタとして用いるはずが、結構真面目?に受け入れらて いました。あと、「バナナがつぶれないのは重要ですね」という発言も・・・。 幼い頃、リュックに入れたバナナで苦い経験をした人も多いようでした。

う〜ん、やはりドイツ在住の方々にしてみれば、banaboxが「ドイツ人にとってはかなり重要なアイテムである」ということは、 「異議なし」ということなんでしょうかねぇ。とはいえ、爆笑ネタにならなかったことについては、さすがに驚きでした。

そして、先日買い物にいったときに、台湾ミニバナナを発見!早速購入し バナボックスの謳い文句のひとつである、「大きいバナナも、小さいバナナもOK」 を実証すべく早速使用したところ、添付ファイルの通り3本まで奇麗収まりました。 しかも、深さは下半分しか使っていないため奇麗に詰めれば5本は入るかと・・・。

(中略)

このように非常に使い勝手の良いバナボックス。お勧めです。 これからも愛用していきたいですね。

3ボンイッキ キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!!

これはスゴイですよ、奥さん。僕も何本入るか試してみたかったけれど、実際に実験できてなかっただけに、これはグッジョブです、Tさん。

さらに、後日のレポートでは

※ ※さんもバナボックス買いました。奥さんが幼稚園の人たちと一緒に購入した様です(8個お買い上げ)。

どうやら日本より一足先に、ドイツの日本人社会でbanaboxは地道に広まりつつある模様。これは日本でも負けてられませんよ、皆さん。 がんばってbanaboxを手に入れましょう!

さてさて最後に、公開するのが遅くなってしまって、本当に申し訳ありませんでしたが、レポートまで送付してくれたTさん、ご協力いただきどうもありがとうございました。

15日(火) リニューアルに向けて

最近ちまちまとリニューアル作業してます。昔のフォームで作ってたものを、リニューアル後のフォームに移し替える作業に思いの外時間がかかっています。

先日『ビフォア・サンセット』を観てきました。予告編から受けるラブロマンスのイメージとは、ちょっと違った感じの内容でしたが、『恋人までの距離』の続編としてみると、かなりよかったと思います。 そんなわけで、前作のを観てない人は、絶対に先に観ておくことをお奨めします。

11日() 本当に別物??

北朝鮮の核保有宣言、ってやっぱり先日のワールドカップ予選で日本に負けた腹いせじゃない?、という話を母親としてました。

しかし、これで今度のアウェー戦でも日本が勝ったら、「核ぶっ放す」とか言わないかどうか心配です。でも、キャプテンは試合前に平然と「政治とスポーツは別」ってコメントして将軍様をより刺激しちゃいそうだ。

7日(月) ロボット?

現在インフルエンザで入院中のヨハネ・パウロ2世。6日には、病院の窓から姿を見せましたが、この時の映像を見て、

「この人、実はもうロボットなんじゃないか?」

と思ってしまいました。ハリウッドの技術を使えば、あの程度のロボット、なんてことないはずです。

ちなみに、以前聞いた話ですが、今のローマ法王(つまりパウロ2世)が死去すると、その先代だか先々代ローマ法王の時代までの記録文書が公開されるそうです。それで、パウロ2世死去に伴って公開される文書の時期というのが、ちょうど第2次大戦の時期と被っているため、列強とバチカンとの裏取引?等もバンバン公開されちゃうお楽しみの要素を含んでいるとのこと。

本当かどうか良くわからないけれど、パウロ2世の体調が悪くなると、不謹慎ながらちょっとわくわくしてしまいます。しかし、国際平和に尽力してる人だけに、亡くなったらいろんな意味で影響(波紋?)が出そうですね。

6日() みんな同じ?

ビフォア・サンセット』と『ボーン・スプレマシー』。

今、観たいと思っている映画です。

『ビフォア・サンセット』は何回か映画館の予告を観て、ずっと観たいなぁ、と思っていたので、やっと公開されたという感じです。一方『ボーン・スプレマシー』は、去年11月にドイツから帰ってくる時の機内で目が覚めたらやってたという映画なのですが、割とテンポが良くて面白かったので、ちゃんと観たいなぁ、と思っていたわけです。

この2作、それぞれ、『恋人までの距離』『ボーン・アイデンティティ』という前作があるので、映画館に行く前に、まずはこちらを観ておこうと思って、TSUTAYAに行ってきました。

どちらも前の作品だし、余裕でしょうと思ってたら、昨日行った店舗では『恋人までの距離』がレンタル中。しょうがないので、今日うちの近くの店舗に行ってみたところ、『恋人までの距離』はあったけれど、今度は『ボーン・アイデンティティ』が見事にレンタル中。う〜ん、やっぱりみんな考えることは同じなんですね。

知らなかったんですが、『恋人までの距離』の原題は "before sunrise" なんだそうです。この原題なら、『ビフォア・サンセット』が続編というのもうなずける題名ですね。

3日(木) 解放〜

今日でとうとう大学生活最後の試験が終わりました。しかし、最後だってのにもかかわらず、「できるかどうかは、どこが出題されるか次第」という、1年の頃とほとんど変わらない準備状況。

これからもこういう生き方していくのかなぁ、と思うとちょっと不安です。

ほうれんそうのつぶやき

Copyright(c) 2000 -2005 Toshi. Alle Rechte vorhalten.