ゼロックス杯2019 vs川崎

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

気がついたら2017年のACL準決勝以来更新してませんでした。だいぶ放置してた自覚はあるものの、ACL決勝すら更新してなかったことには流石に自分自身驚きました。とりあえずこれだけ間が空くと何を書いても今更ながら感じなので、何事もなかったかのように入ろうかと思います。

で、今日は久しぶりに天皇杯を制覇したご褒美のゼロックス杯。正直結果は全く期待してなかった&中途半端に攻めてカウンター浴びまくっての大量失点フルボッコを想定してたので、思ったよりは悪くなかったかなというのが一番の感想。以下、感想の箇条書き。

・武藤、青木の不在が大きい。プレスバックからの挟み込みが中盤、最終ラインにボールを入れられた時にそれぞれ出来なかったからボールを狩り取れずに苦しかった。

・エヴェルトンはアンカー向きではないかと。ただ、センターラインにボールを入れさせないスペースケアは上手いと思った。逆に対人は柏木以下。

・川崎はかなり浦和対策を準備していた印象。3バック+WBに対して同数で前プレ。特に岩波に入ったところで橋岡に預けたらそこを狙う、西川に戻したら逆に橋岡のサイドには蹴らせないで宇賀神のところを空中戦で潰すを徹底してた。

・上記の川崎の前プレで右サイドがハメられてるところで逃げ場として杉本が右サイド裏に抜けてくれればいいのにと何度思ったことか。武藤不在を痛感。

・マルティノスが一番可能性のあるプレーをしてたというのが収穫な一方で他の選手それでいいのか、と。山中とのセットでの起用は面白そう。

まぁ、浦和のゼロックスなんて毎回こんなもんでしょ、と思ってるのであんまり悲観はしてないけれど、武藤と青木の復帰があまりにも遅れるようだとリーグ、ACL共にちょっと厳しいかなぁ。