オシム爺ご立腹

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
スペインが第2戦は勝ちましたが、イマイチ調子に乗れません。そんなスペインの状況を見て、スカパーの解説でオシム爺がめった切り。

第1戦、スイスに負けた際には過密日程による疲労のせいとして、FIFA批判を行った爺。スペインの出来が悪いのをFIFAのせいにする時点ですごいなぁと思っていましたが、今度は、第2戦で超格下のホンジュラス相手にも調子が上がらない当事者スペインに対して大激怒。「自信過剰なエゴイストとナルシストの集団」とバッサリ。その後もプロとしてなってない等の批判は続いて、スタジオの面々も苦笑いするしかない状況でした。本大会が始まるまではサッカーの理想型とすら思われたスペインのサッカーは、オシムもまた相当期待していたのでしょうね。それだけに、裏切られた時の憤りたるや、中途半端なものではなかったようです。

確かに、オシム程の言いようは別にして、僕もスペインには期待していただけに、この2試合の内容はがっかりさせられるものがあります。最近ですとアメリカ大会や日韓大会がそうだったように、比較的手堅いサッカーをするところが上位に来てしまうんですかねぇ。ここからスペインの奮起を期待したいです。