再び前進!

2009Jリーグ第4節 vs大分トリニータ
2009年4月4日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ1-0(前半1-0)大分トリニータ
得点者:42分オウンゴール

tb090404.jpg

予想しなかったアレックスの復帰でしたが、思っていた以上に効きました(このタイミングでの起用は、さすがに左SBへの危機感もあったのかなぁ、とも思いますが)。特にサイドの攻撃面でこれまでとは違ったアクセントを加えることができました。SHではなく、SBでの起用となると、今後押し込まれるような展開になった時に、アレがどのくらい守備が出来るかという不安もありますが、現状の左SBの候補の中では、大して変わらないレベルではこなせることでしょう。

そして、この試合でMVP級の働きをしたのが、直輝。これまで原口に脚光が集まり、やや陰に隠れた感じになっていましたが、ナビスコ数試合と今日の動きを見る限りでは、直輝の方がフィンケサッカーの具現者となりえる選手と言えるでしょう。とにかく良く動いてボールをもらいに顔を出すし、ボールを受けても状況に応じて、ダイレクト、トラップ、ドリブルを使い分けてリズムを作っていました。今後マークがきつくなってきた時に、どれだけできるかが、一つの壁でしょうね。

まだまだ相手の状態に出来が大きく左右されるのは十分承知の上で、ある程度形を作れたのは良かったですね。近頃後退気味だったのが、また前に前進したので良かったです。