2007年J28節 大分戦(H)

Jリーグ第28節 vs大分トリニータ 2007年10月7日(日)15:03キックオフ・さいたま市駒場スタジアム 浦和レッズ2−1大分トリニータ 得点者:4分・68分ワシントン、60分藤田(大分) tb071008.jpg
ウォーミングアップに出てきた選手を見て、ワシがいて、達也がいて、永井もいて、3トップ!?と驚いてみましたが、蓋を開けてみればお疲れ休みの暢久に代わって永井が右サイドに入る布陣。でもこの試合に限っていえば、3トップの4−3−3でもよかったのかも、とは試合終わってから思いましたが。 試合は開始早々にその永井からのクロスをワシントンが合わせて先制するも、そのあとは大分にボールを支配される展開。後半には同点に追いつかれるも、最後はワシントンの個人技で振り切りました。契約の問題もあってか、ここ数試合は妙にゴールを焦っている感のワシントンでしたが、昨日はここ一番での勝負強さを発揮してくれましたね。 前節もそうでしたが、昨シーズン終盤と同様に、先制されたり、点が入らなくても最後には何とかなる、っていう雰囲気が出てきたなぁ、と思います。懸念材料としては、ポンテ、闘莉王、永井、ワシントンがイエロー3枚でリーチかかってることか。ポンテと闘莉王が揃って出場停止なんて事態はあまり考えたくないですね。